オリジナリTアイデンティT

オリジナルTシャツ

最近では、自分らしさや個性など強調するために、プリントしたTシャツを着る人も増えています。これらのTシャツはオリジナルTシャツと言われています。オリジナルTシャツは、今では知識と道具さえ揃えば自宅でも簡単に作ることがでます。では、そんなオリジナルクラスTシャツの歴史を見てみましょう!

オリジナルTシャツの歴史

ニューヨークタイムスによると1948年に丹生ヨーク市長選挙のときに、候補者のThomas E. DeweyがDew It forDewey(do it for Dewey)というキャンペーンのためにTシャツを作ったのが最初のオリジナルTシャツだと思われます。これもTシャツと同様にはっきりとした生まれは分かっていません。ただ、この当時はまだTシャツが一般的ではなかったので、奇異に見えたかもしれません。

その後の1952年にDwight D. Eisenhowerの支持者が「I like Ike(IkeとはEisenhowerの愛称です)」と書かれたTシャツを着用しました。Eisenhowerの支持者の中にはジョンウェインやマーロンブランドなどの有名人がいたことから、彼らがこのTシャツを着てテレビ出演したことからTシャツはただの下着からオシャレなものに変わっていきました。

一方、フロリダのマイアミにある複数の会社が1950年はじめにリゾートの名前や様々なキャラクターをプリントしたTシャツを発売しました。その中のTropix Togs社という会社がディズニーとライセンス契約を結んで、ミッキーマウスなどのキャラクターがプリントされたTシャツを売り始めました。

1959年になると、より耐久性のあり、伸縮可能なインクが開発されたことにより、自由なデザインが可能となりました。1980年代後半から1990年代にデザイナーブランド、Calvin KleinやRalph Laurenなどが自社ブランドのロゴをプリントしたTシャツを販売して若者を中心に人気を集めるようになりました。その後、コカコーラなどの企業を中心にキャンペーンの一貫としてTシャツを作る企業などが増えてきたのです。

しかし、日本では、オリジナルTシャツは既製品と比べ、業者に依頼するとコストがかかりますし、自分で作ると手間がかかるために、個人で作ることはあまり無かったのでしょう。最近になって増え始めたのは、学校のクラスやサークルなどで仲間意識をより強く持ちたいと言う気持ちや、オリジナルTシャツを作る際のコストが減ったことTに要因していると思います。

プリント位置

一般的なプリントの位置は右の図のように12箇所の場合が多いです。しかし、オリジナルTシャツというものは個性を主張するために着るという考え方を持つ企業もあるので、右図のような場所以外の場所にもプリントをOKしているところもあります。もちろん、場所はどこから何cmと聞いてからプリントするそうです。具体的な位置指定がある場合は、明記しましょう。

逆に、プリントはこの位置のどこかのみとする場合もあるそうです。それは、企業によって違うのでプリントをお願いする場合は事前に聞いて見ましょう。それと縫い目の所や段差がある所はずれる場合があるので、企業によっては断る所もあるそうです。しかし、引き受ける所ももちろんあります。その場合は多少のズレや、掠れなども考えられるので注意しましょう。

最近では印刷技術の高まりで、より写真に近いプリントもできるようになってきています。そのため、自分の飼い犬の写真を頼む人もいるそうです。あなたも好きな写真でプリントを頼んでみてはどうでしょうか。自分で書いた絵などもいいでしょう。


Valuable information

石垣島の体験ダイビングについて問い合わせ

次のページへ